パーソナルトレーニングジムの効果を徹底解説

そもそもパーソナルトレーニングとは?  

パーソナルトレーニング

ふだんジムに通っていない方でも、「RIZAP」の名前はご存じでしょう。

RIZAPを一躍有名にしたのは、なんといっても衝撃的なテレビCMです。若いころに比べて体型が崩れた芸能人やアナウンサーなどが、RIZAPに通ったおかげでみごとに減量に成功したという定型パターン。ナレーションなどは一切なく、本人の「肥満時代」と「痩せたあと」の映像のみですが、その分強烈なインパクトと説得力がありました。

そのRIZAPをはじめ、日本ではここ最近パーソナルトレーニングジムが急増していますが、ふつうのジム(一般的に「フィットネスジム」と呼ばれるジム)と何が違うのでしょうか?

両者の違いは、わかりやすくいうと次のとおりです。

・フィットネスジム……
トレーニングマシンやプールなど、「設備の利用サービス」を提供するジム

・パーソナルトレーニングジム……
顧客一人ひとりに専属のトレーナーがつき、上記の設備を使いながらのトレーニング方法や食事指導などのサービスを提供するジム

パーソナルトレーニングジムの「パーソナル」は「個人的」という意味です。つまり、専属のインストラクターが1:1で「個別指導」してくれるジムのことです。

最近では、子どもの通う学習塾でも「個別指導」をうたっている塾がありますが、パーソナルトレーニングジムも同じように、一人ひとりの能力や状況、目標に合わせたきめ細かい指導をおこなってくれるので、短期間で大きな効果が期待できます。

いっぽう料金の面では、指導が丁寧である分、一般のジムに比べてかなり高めに設定されています。

先述したRIZAPの場合、入会金55,000円、もっとも安いコースで16回(2か月)分327,800円(ともに税込、2024年5月現在)なので、最低でも約38万円かかることになります。

「38万円? そんなに高いの?」と驚かれた方もいるかと思います。

たしかに、入会金が格安、もしくは無料で、月額料金も数千円程度の「ふつうのジム」と比べると、入会をためらってしまいますよね。

それでも、パーソナルトレーニングジムが根強い人気を誇るのは、高額な料金に見合うだけの効果があるということです。その効果について、以下で詳しく解説していきたいと思います。

パーソナルトレーニングジムに通う5つのメリット

パーソナルトレーニング

ストレス発散になる

現代社会では子どもからシニア世代にいたるまで、幅広い年代でストレスを抱える人が増えています。そんななかで、もっとも健康的にストレスを発散できる方法、それが「運動」です。

公益財団法人長寿科学振興財団のHP「健康長寿ネット」にも、以下のような記述があります。

「運動は身体機能の向上のみではなく、ストレスの発散や生活習慣病予防、もの忘れにもよい効果が得られるといわれています」

また、スポーツブランドのナイキのHPには、「運動がストレスを軽減させる仕組み」として、

「運動をすると、心拍数が上がる。 その拍動で全身に送り込まれる血流量が増加して(中略)ストレスの蓄積による悪影響を緩和できると考えられている」

と示されています。

日々の生活や仕事でたまったストレスを発散するために、美味しいものをたらふく食べたり、お酒を飲んだりする方も多いですが、この方法が習慣化すると身体によけいな脂肪がついたり、肝臓や胃腸に過度な負担がかかるなどして、健康を損なう恐れがあります。

その点、運動なら習慣化すればするほど、身体が丈夫になります。もちろんストレスも発散でき、まさに一石二鳥です。

自分の身体に合わせたトレーニングを受けることができる

ジムに通って運動をする上で、もっとも大事なことはなんでしょう? 

それは「絶対に無理をしない」ことです。

「若い頃のスカートを履けるようにウェストをあと〇センチ細くしたい!」

「つぎの健康診断までに体脂肪率を〇%まで落としたい!」

「ハリウッド映画のアクション俳優のようなマッチョな身体になりたい!」

などなど、ジム通いの目的達成を焦るあまり、ついつい無理をしがちです。

体力以上の過度な運動をしてしまうと、翌日の活動に響くほどの筋肉痛になったり、最悪の場合けがをするおそれもあります。

その点、パーソナルトレーニングジムでは、専属のインストラクターが1:1で個別指導してくれるため、自分の運動能力や体調に合わせたメニューを作成してくれます。いわゆる「オーダーメイド」のメニューです。

トレーニングの最中も、専属のインストラクターが丁寧な指導をおこなってくれるので、けがの心配もなく、安心かつ効率的に目標を達成することができるでしょう。

 「疲れやすい」「不眠になりやすい」などの体質改善につながる    

パーソナルトレーニングジムに通って適度に運動することで、以下のような体質改善の効果が期待できます。

  • 「疲れにくい」身体づくり

「スキージャンプ界のレジェンド」と呼ばれる」葛西紀明選手は現在51歳ですが、彼が40代で始めたのが「疲れにくい身体づくり」だそうです。

その結果、今年2月3日のスキージャンプTVh杯において優勝を果たすなど、現在でも最前線で活躍されています。

「年をとって、体力も衰えてきたから、運動なんて無理」とあきらめるのではなく、年齢とともに変化する自分の身体に合わせた運動をすることで、身体の老化スピードを軽減できるばかりか、若いときと同様かそれ以上のパフォーマンスを発揮できる……

葛西選手の実体験と偉業によって、そんな運動の効果が示されたといえるでしょう。

  • 不眠の改善

運動と睡眠に深い関係があることは知られています。

「運動習慣がある人には不眠が少ないことがわかっています。とくに睡眠の維持に習慣的な運動の効果があるようです」

という研究結果が挙げられています。

厚生労働省のHP「e-ヘルスネット

とくにシニア世代の方は

「若い頃より寝つきが悪くなった」

「明け方になると目が覚めてしまい、そこからは一睡もできない」

という悩みを持つ人も少なくありません。

日中の運動で適度に身体を疲れさせることで、夜から朝までぐっすり眠る習慣が身に着けば、病院の不眠外来や睡眠薬などのお世話になることもなくなるでしょう。

目的に合ったアドバイスを受けられる

先述のように、人によってジムに通う目的はさまざまなものがあります。

たとえば、

「ボディラインを整えながら体重を落としたい」

「肩こりや腰痛を治したい」

このような目標をもつ方々が、やみくもに自己流のトレーニングをしていても、

「下半身に筋肉がついて、かえって体重が増えてしまった!」

「翌日、肩や腰の筋肉痛がひどくて、外出もままならなかった……」

ということにもなりかねません。

専属トレーナーによるマンツーマン指導を基本とするパーソナルトレーニングジムなら、無料体験や入会手続きの段階で、これらの要望や目的を丁寧に聞き取り、一人ひとりの目的に沿ったトレーニングメニューを提案してくれます。

プロが作ったトレーニングメニューなので、短期間のうちに効果が現れます。そのことが励みになって運動のモチベーションも上がり、けがや挫折をすることなく目標を達成できるでしょう。

周りの目線を気にせずに受けられる

一般のフィットネスジムは、老若男女の区別なく、大人数の人々が同じ空間で運動をしています。

社会人になっても、ずっとサッカーやバレーなどの運動をしてきた方はともかく、あまり運動をしてこなかった人の中には、ずらりと並んだトレーニングマシンでランニングをしたり、ダンベル上げや腹筋などの運動をするのを「恥ずかしい」と感じる人もいるでしょう。

ずっと運動を続けている人や、みごとな体型の人に圧倒されてコンプレックスを感じてしまい、ジム通いをやめてしまう可能性もあります。

一方、「個別指導」を最大の特長とするパーソナルトレーニングジムでは、完全個室でのトレーニングを受けることができるため、周りの目線を気にすることなく、マイペースで運動に集中することができます。

パーソナルトレーニングの効果を出して健康でいよう

1:1の個別指導に特化したパーソナルトレーニングジムというと、プロのアスリート御用達というイメージがありますが、冒頭で紹介したRIZAPをはじめとする大手ジムが店舗数を急拡大している影響もあり、最近ではずいぶん身近な存在になってきました。

専属トレーナーの丁寧な指導が受けられるので、むしろ運動の初心者にこそおすすめしたいジムです。わからないことや不安な点があれば、メールで質問したり、受付で直接尋ねてみるのもよいでしょう。

「ジムに通ってみたいけど、おおぜいの人に囲まれながらのトレーニングは気後れしてしまう」

「いままで試したダイエット方法も続かなかったし、ジム通いも途中で挫折してしまうかも……」

という方は、パーソナルトレーニングジムへの入会を選択肢に入れてみてはいかがでしょう。